夢先案内人の忘備録

夢・幽体離脱・ヴィジョン視

抜け出したのにあえて戻る夢

201905140800 朝の夢

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大きなデパート
観覧車など遊園地と統合しているところ
を通り抜けて移動している
場面代わり和室
私は何かの協会の会議の準備をしている。
部屋に50人近く入れなくてはいけなくて
パズルのように 座布団と箱膳をレイアウトしなくてはならず
それを一生懸命に並べ、
厨房に入って、今度はコースの流れを確認し、準備している
だけれど、私は別の仕事もありそちらも会議なのでそっちに行かなくてはならない
他の人もいるから大丈夫だろうと 私は会場を出た
道は川沿いの泥の道で起伏のあるところを自転車に乗って進む
すると前方から、先ほどの会議に出る理事とすれ違った
理事は、私が会場を抜け出したのかと驚いていた感じだったが私はもう行かないといけないので無視
やっと泥の道が終わり、普通の道になったのでもうすぐ着くと思ったところで
前方から松村先生が自転車に乗ってきた。
振り返ると起伏のある泥の道を自転車を降りて押していて
自転車を持ち上げないといけない箇所が多々あったので心配になり。
私は、忘れ物があったのを思い出したと言いながら戻り
先生がどこかに入って着くまで回り道することに決めた
先生の自転車はタイヤが細いレース用の自転車で繊細で美しいものだった
けれどこの泥の起伏のある道にはそのタイヤに泥がまとわりついてしまうので
颯爽と走るのは難しい
というかあまりにもボコボコしているので乗るのが難しい
私はマウンテンバイクみたいな自転車だったけれども
降りて押していた。
「寝る前にタットワやってる?」と聞かれ、そうですねと言いながら説明してると
そうしたら電車の音が聞こえた
電車に乗ったら泥ボコの道をショートカットして先生着くのではと思いそれに乗ることを提案する
するといつのまにか駅に自転車ごと入った するとピカピカの電車が来たが回送だったので誰も乗っていない
これに乗せてほしいですね と話していたら
乗ったのか目が覚めた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会議の準備は和室じゃなくて洋室にして立食パーティにすればいいのになと思いながら手伝っている。

泥の道は、泥や草の匂いがして懐かしいなとも思った
50センチくらい自転車を持ち上げないと通れない場所がいくつかあったので
結構疲れた。

夢の中にM先生が出てくるのは3パターンあり
空中で道案内していたり何かの準備というか裏方をするというパターンと
ただ同じ会議みたいなのに出てて ギョッとしているパターン
何かを渡されるパターン
全てが、オールドワイズマンやアニムスの投影だったとしたらいったい何を表しているのだろうか。私のアニムスは女性的な中性的な象徴で出てくる 千花模様と織物やレース編み
オールドワイズマンは 教会や塔の天井を内側から見ている構造でドーム型の曲線幾何学図形が立体的に入り組んでいるのを下から見上げているものだ。



日常の記録
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仮眠のつもりが12時間も寝てしまった。昨日眠れなかったからそのまま起きていて明け方前に薔薇を見に行ったりしていた。いつもより歩いていたからか
買い物途中で急に貧血になり
酔っ払いすぎたみたいな状態になり骨抜きというか筋肉が弛緩する感じ
スライムみたいに崩れ落ちてしまったのだった
レジで会計している途中だったので そのままレジのカウンターにすがりついていた
休ませてもらった。
睡眠不足かねと思いながら、車まで途中のベンチやインテリアの見本の椅子などに座りながら休息しつつ車にたどり着いた
家に帰って横になりたかったけれど、どうしても所属している占いサロン(月一で出ていた)に顔を出して
しばらくやっぱり出れないと挨拶しにいった
目がきつくなったと言われたが、逆なことを言われたりもするので気にしない
人は見たいように見るのだ
私は子供の頃からいつも真逆な評価を言われ続けていて
冷たいと言われたり優しいと言われたり おっとりしていると言われたり行動的だと言われたり 素朴な人とオシャレな人
開けっぴろげの人と余計なことは言わない人という評価をもらうので

人の反応を聞いていると自分はいったいどういう人物なのかてんでわからないのである
かといって人に合わせられるような器用さはなく、大人になって空気を読む学校というのに入ろうかと悩むくらい集団に入るのは苦手なのだ。