夢先案内人の忘備録

夢・幽体離脱・ヴィジョン視

孔雀が木に登っていく

20190508 朝
ーーーーーーーーーーーーーー
宙空に浮いていると、大きな木が眼下に見える
赤松のような幹でそこに孔雀がたくさんとまっている
孔雀は木を登っていき美しいなと眺めているのだけど
「孔雀って木を登っていけるのだっけ?」って我に返る
孔雀たちは尾っぽを長くたたえながらも重力を無視するかのように
自由自在に上に登ったり下に向かって歩いている
枝の上に乗らなくて、逆さまに向かっていくのも全く平気みたいだった
羽がとても美しい。メスの緑の方が目に入った
ーーーーーーーーーーーーーー


これはアルフェラッツ もしくはアンドロメダだと思った。
なぜかというとアンドロメダは全て逆さまになってるのが私の夢や恒星探索では特徴だからだ
また特徴的な木の色が出る。
大抵はマホガニーのような色と堅牢さで
しかし優美な流麗な細工に魅せられる
今回は赤松(木の色と堅牢さ)
孔雀(優美と流麗さ)
孔雀のフォルム L字 これが通常なら横移動なのに 縦移動で
重力に逆らい上下に移動する


考察はまた後にする パッと瞬間的に思ったのは。

おそらく、夢舎で一気に動きがあったからだと思う
解放があったのだ、
私の中では孔雀は天使の上位のもの
7年前メルキゼデクとチャネリングをずっとしていた時は
白い孔雀がずっと出てきた。
今回は孔雀でもメスが多かった(孔雀の雄は青 メスは緑)
このあいだの夢の続きで
地球に来るとき、白から黒へとコントラストの強いギャップに変換し
白を消すよりも
白を持ったままいられるように緑を使えというメッセージ
と繋がっている。