夢先案内人の忘備録

夢・幽体離脱・ヴィジョン視

「かつて神だった」と言われても

 

 「かつて神だった」発言は、自分が思った以上に人が目にしているようで

先日もそんなことを言われた。

私はどんな反応をとっていいか、わからない。

 

アメリカンな性格だったら、きっと調子に乗ってコメントかえしたり

コミュニティの中で盤石な神ポジションを定着すべくユーモアをまじえながらあますことなく印籠を得たように得意満面に振る舞うのかもしれないが

わたしはそういう性格ではないし。。

聞かなかったことにしてしまうタイプだ、スマートな返事とかウィットにとんだ返事や反応が思いつかない。。

かといって公衆の面前で、自分が尊敬している人の発言を全力で否定するのもいけないと思うし、

いつも、自分の可能性を大きく見てくださってありがたいと思うし

それがあったから「じゃあやってみよう!」って背中をおしてもらい

いろんな挑戦もできたけど

神と言われ(もちろん今は神じゃないが)、じゃあ神やります!神として振舞います!っておかしいだろうとおもう

 

だいいち、私が神だったら私の周りもみんな神だよ そっちの方が馴染みのある考え方です。

わたしは自分の外側に神や仏を求めるのじゃなくて

神や仏は自分の中にあるって子供のときから教えられてきて

だから人に対して悪いとこじゃなくて良いところを見つけてそこをみてつきあうようにしてきた。

地獄も天国も自分の中にあって死んだ後とか外にあるもんではないって信じてきた。

 だから幸不幸は自分の心がつくるものだって思ってきた。


むかし神だった(今はちがう)っていったいどういう意図で言われるのだろう

なんか態度でかいってことかな。すみません、うーんうーんと
ぐるぐるぐるぐると考えつづけると

「がんばれよ!」というエールかなと思い

そう受け止めている。でもそう思って受け取っているということをいちいち外に書かないよね。
今回こうやって書いて見たのは
外に吐き出すのが元気になることだと思うからだ。

 

先日なんか、受講者の方に、

「男性だと思っていた、若い女性だと思わなかった」といわれ 矢継ぎ早に

「先生といったいどういう関係なんですか?」と聞かれ

「中年の女で、生徒と先生です。」と返したんだけども
後から、あれって一体なんだったんだろうってバグが起きている感じで
今思うとそもそも、その質問もおかしくないか?

 

わたしは、自分がなんで女に生まれたのかなぁ

なんかしっくりこないなっていうのが長くて

かといって男になりたいわけではなく

どちらかといえば性が未分化のままがしっくりくるから晶という名前を使っている

最初は記号としての名前だったから読みはなかった。だけどイベントにブッキングされた時に そもそも最初の数回はそんなコンセプト(まるでプリンスみたいだ)だったから名前を呼ばないでもらっていた。だけどもう少し大がかりのイベントになったときはさすがに

占いコンサルタント会社の社長が、予約時に面倒だから読みをつけてくれといわれて

アキラになったのだ。あーの音とAがいいと思ったからショウではなくアキラと読ませた
私は、自分のためとたまに頼まれて友人にカードを引いていたらある日突然に友人が占いコンサルティング会社の社長に話したことでイベントにブッキングされてデビューしたのでこの業界のことは全くもって当初わからなかった 
今考えても、名前がないってなんなんだよって思う。
そもそも、占いは信じていなかったし自分が占いイベントに呼ばれるのもちょっと違うなと思いながら ガイドからのメッセージをカードを使って翻訳するみたいに説明して
別に細かな天使の名前は知らないしそういう天使の声を伝えるわけじゃないと伝えていた。


私が女性の姿でいるのは、特に女装気分で普通の格好をしている時というのは
飲食店で一品サービスされたり美味しい思いをするからだ。私には食の神がついているせいなのか

日本でも海外でも食べ物の恩恵をいただくことが多い

しかし、いぜんショートカットにしていた時期は食の神が遠ざかったのをあからさまに感じた。単純だし釈然としないけど娑婆世界で女性的な姿形をしている方が

食いしん坊のわたしにはラッキーなことが沢山あるのでそうしている。

最近は、食べることの関心が薄まってしまい食べている途中で疲れるようになってしまった。

ということは、ショートカットにしようかな。

1.2.3月とあまりにも調子悪くて、気分をかえたくて春分前に美容院にいって、髪の毛をショートで刈り上げにしてくれと頼んだら反対され

じゃあアシメントリーのショートボブで金髪にしてくれといったら

明るい赤系の頭で、少し短めにしてくれただけに収まった。

 
話は戻るけれども、かつて神だったとか

ヒーラーやチャネラーに似たようなことを沢山言われてきたという側面もある

スピリチュアルよいしょ とかリップサービスなのかもしれないけど。

 いちばんおかしかったのは前世山伏だった。ですね。
その数年後に、あなたのガイドには山の中で熊と戦ったり動物を従えて森の長のようだった一人でなんでもできるタイプで 日本でそういうあったでしょう?って言われて
前に言われた学ぶしかなぁと思ったんだけど
マタギっていうのが日本にはあります。と話したら、あなたは前世でマタギでそれが今ガイドでついてる。

ますます私は乖離していくのである。

 

ずっと昔、チャネラーのエリザベスに

いちばん影響のある前世をチャネリングをしてもらったとき、

3人組の女性のガイドの1人で、三女神とかいろんないいかたあるけどあれと言われ

昔の地球である1人の男を守護してきて、その男は大事な知恵を運んでいたので
神々が守っていたけれど
その男は無神論者みたいな感じで助けを求めるタイプでもなかったし
自分でなんとかやっていこうとするタイプだった。
どんなに窮地に陥っても助けを求めずどんどん苦境になるので他の神々も助けたくても助けられずだんだん他の神や守護がみんな見捨てていった。
でも最後まで残って守り続けた女神だったと

それが前世で、エリザベスは長年チャネリングをしてきたが人間じゃない前世でしかもガイドだったのをみるのははじめてで珍しいとその時いわれたのだった。

この時、この1人の男は重要な役割を担っていてだからみんなでサポートしていたのだけど

頑なで他の神はみんな離れていってしまった

今、あなたは地球に入って人間をやっていて

かつての男みたいに助けをよばないことを3人組の仲間の2人が

地球に行ったら人間になったら忘れちゃったんだねって笑っているという。

 

または、ライトランゲージをはなす方に

オリオン戦争で戦争終結するために尽力した評議員の1人だといわれ

仲間に久しぶりに会えたと感動されたり

 

先月に3年ぶりに施術をうけたコスモライト石橋で、セラピストに、

あなたは賢い魂で頭が良すぎるし

1人であらかたできてしまうし

引き寄せ力も強いから

この地球で大変だと、

わたしと同じようなことできるくらいに慈愛の修行もすんでおり

いとさんざん言われてしまい、その場にいる方々にじろじろと見られて縮こまる思いだった。

私が今まで言われて気に入ってる前世は、モンゴルか中東か東欧の荒野でパオみたいな移動式の幌みたいな家で暮らしている大家族のお母さんで
地平線の向こうへ馬に乗って自由にどこか行きたいなって思ってるんだけど
子供達が可愛いいなって思っているあの光景だ。

 

 

日常の記録
ーーーーーーーーーー

今日も起き上がれなかった。気力を振り絞って少し前進して また燃え尽きて、感謝の言葉をいただきありがたいと励みになった瞬間があっても、

真逆な言葉をもらったりして すぐにしぼんでしまうのだった。