夢先案内人の忘備録

夢・幽体離脱・ヴィジョン視

タットワー赤い三角(2) 火ダルマになり体が燃えている夢

今年2月に恒星探索練習会で行った

タットワ瞑想(5元素を5分づつ順番に探索した)でのメモの転載


火の三角20190219 
ーーーーーーーーーーー
ぼうぼうと燃えている感覚で元気が出る
胸から大砲ーハートチャクラ
楽屋?ここは「祈りの小部屋」
ーーーーーーーーーーー


ハートチャクラが開いている時や動いている時というのは
胸に直径15センチの円で胸から背中に型抜きされちゃって穴が空いたような感じがするというかタピオカミルクティに刺されている巨大ストローを
ブスッと胸に刺されたような。。なんていうのでしょう
ぶくっと大きなあぶくがボコンって浮かび上がるようなそんな体感の後に
穴が空いてスースーする。
その穴に風が吹き抜けているような感じ
そういうことを「胸から大砲」という一言と実際の体感で伝えてきた
なので、私の「火」はハートチャクラなんである。

ぼうぼうと燃える感覚で思い出す のは
かつて2015年の6月の体験である。
寝ていたら自分の体が燃えていて火に包まれていて大変びっくりした夢があった。
夢というか現実にほど近い夢だった。
幽体離脱に近い感じだと思うのだけど。

体に起こっている体感で眠りが浅くなり、そして
オレンジ色のメラメラとした光が眩しくて「電気付けっ放しだったかな?」と目が覚めてしまったら
自分の体が炎に包まれて火だるまのようになって
わあああああああああって叫び出しそうになったのだけど、
ホログラムというか本物の火ではなくて本当にびっくりしパニックになった
私は両手を顔の前に持っていって自分の手がオレンジ色に包まれて燃えているのをみたのにそれは夢というか
今思えばオーラだったのかなと思う。
なんでそんな夢を見たかといえば、この日は「縄文体験」ができるキャンプ場に泊まっていてそこは竪穴式住居とか横穴式住居に泊まれるところだった
手動火起こしによる、気が遠くなるような作業をし(なかなか火を起こすというか火を生誕させることが難しくて、種火にできた時の感動は忘れらない)
また、せっかくのキャンプだからということで友人が花火を用意してくれて居り
そこで、江戸の花火職人が作った1本1000円もする特別な線香花火の芸術性に魅せられた。そしてその中で
私はかねてからの希望であった「発炎筒をたいて、掲げ持ちたい!狼煙をあげたい!」というリクエストをしておりみんなで発炎筒を炊いたのだった。

これらは占星術をやっている人ならわかると思うけれど
原始の火を生む、火の生誕 は牡羊座の火
江戸の花火職人が手でつくった(1本1000円)、伝統ある夏の風物詩「線香花火」の美しさに魅せられた は獅子座の火
発炎筒をみんなで掲げ狼煙をあげる は射手座の火
である。

私は火のエレメントを思う存分に体験することができた。
その数時間後に見た夢というかスピリチュアル体験が
自分の体が火だるまのように燃えているのを見る
だった

この夢というか体験が面白いのは、実際に目を開けると
そっくりそのまま起きている時に見える風景と同じなので、
夢じゃなくて起きて実際に見えていると思うところだ
こういう階層っていうのは幽霊を見るときも同じ階層だ。
または濃いめの幽体離脱も同じ。
こういうのが薄暗がりで起きているのならまだいいのだけど
覚醒時にちゃんと活動している中で日中の超明るい時に見えると、
あれ、ちょっとおかしいかもって思う。
私はこういう時に意識がずれたっていうかブレたっていうか
車の接触事故みたいに ある階層に「ふっ」と触れてしまったことでそっちの世界にレンジというか主軸がうつっちゃう感じと認識している
簡単に「目がずれた」って私は言っている。

最近では運転中にそれが起きてしまい、カーブを曲がったらその山に大きな顔が見えて
たくさん話しかけてくるとか
トンネルを抜けたらそこは雲の龍がたくさん見えて話しかけてくるとか
車を運転しているといつも左に 馬が並走していて騎士か侍が捧げ剣をしてくれている(守護して並走している 要は近衛兵みたいな感じ?)のが見える
そんな感じで

今までも軽めのものはあった。
人の顔が覚えられないのも 人の顔がみんな実物の顔じゃなくて
子供?インナーチャイルドの顔に見えて本当の顔が見えないから覚えられないのだ
何かいつも実際の顔の上に プロジェクターで違う顔を写しているのを重ねて見ている感じで 
たまに、あれ?この人はこういう顔だったのか!?って気がつくというか
花も光っていて、実際の細かな部分がよく見えない
写真に撮るとよくわかるけど
私は光っている花のままが撮りたいのだけど うまく撮れない。

顔とか花くらいならいいんだけど
自分の体が燃えているようなのを見たりとか山一個一個に巨大な顔が見えると
わあああああってびっくりしてパニクるからやめてほしい。

だけどハートチャクラが開くとこんな感じなのかもしれない
そうすると視覚ではこういうことが起きるのかな
聴覚だと、木や花が話しかけてくる
臭覚だと、うまく説明できないけれどなぜか猫の会議の時間と場所がわかってしまうというかわかろう探ろうとして会議に出るんじゃなくて
風に誘われて何の気なしに散歩したら猫の時間に出くわしてしまうのだ
これは徒歩の散歩でも自転車でも車でもおんなじで
いつも「人間なのにお邪魔してすみません、、、、」って気持ちになる。

もっと深度を高めたら、12感覚それぞれにハートチャクラが開ききった時の感覚が掴めるのだろうか
物質に近いエーテル界?の視覚でさえこうなんだから
アストラル界、メンタル界はどうなるのだろう。

それはそうと、火のエレメントを体感し変性意識や感覚に変革をもたらしたように
水や風や土でもこういう体験学習をしてみたい。

キャンプではないけど、今は座学的な変性意識を入り口にしたアプローチだけど
物質界のしかも顕在意識からのアプローチでもきっとこのタットワ5元素のワークみたいにい各エレメントへの理解を深める学びができるのではないかなと思う。
それはそれでまた面白いかもしれない。