夢先案内人の忘備録

夢・幽体離脱・ヴィジョン視

靴・履物

象徴解釈について、
夢辞典などを観ても合ってないなと思うことがあるので、
自分の夢の中では

何を表しているのか掴んできたものをメモしようと思う。
あくまでも私の場合

ーーーーーーーーーー

靴・・・
(黒い靴)輪廻の輪に入る。一つの規定の中に入ること。

スリッパ・・・物見遊山、借り物の自分

裸足・・・霊的な夢でメッセージをもらう時が多い 裸足の足を見ることで知覚を少し現世寄りに調整しメッセージを覚えていられる。裸足自体に意味はない。


ーーーーーーーーーーー

私の夢で靴が出てくる場合、大抵が黒いかっちりとした革靴である。
黒は土星の象徴、時間や規則だ。

小学校受験をし、小学校から高校まで12年間ずっと黒くて固い革靴を履いていたのが関係すると思う。
うちは貧乏だったし、小学校の時はすぐに成長するので革靴ばかりが優先で、制服以外に履く用の靴を買ってもらっていなかった。

またお友達はみんな、てんでバラバラな場所に住んでいて近所にいないので、放課後に遊ぶというのもないし
電車通学でヘトヘトになっているので、土日や夏休みは家で引きこもってじっと休息し充電するのが常だったので、他の靴をあまり必要に感じなかった。

体育用の決められた運動靴、校内用の上履き、どちらも学校オリジナルの決められたものを履くというので靴に対しての記憶がやけに固定されてしまっているのを感じる。
自分の好みのものを履くというのがないというか。

また、成人した後も足が大きく25.5もあるので
一般女性のようにオシャレのために流行の靴を手ごろに買うことはできなかった。
スニーカーか、もしくは大きいサイズを取り扱っている靴専門店のダイアナとか銀座ワシントンとかで買うしかないのだ。
外国に行った時にサイズがあるから礼装用に使えるようかっちりした靴を買うことを優先してきた結婚式か葬式用にというパターンが多い。最近は日本でも大きいサイズを買えるようになってきたけど10年前までは24.5以上の靴は気軽に買える環境はなかった。
なので靴には全くお金をかけてこなかった。
基本的に、一般的な女性と比べておしゃれ靴という概念が欠落しているように思う。
私にとっては小学校から今まで靴自体がめんどうくさいものなのだ。

要するに私の中で 靴というのは
娑婆世界とか社会的なものだ。

では靴下はどうなのかというと
縛られるのが嫌いで、家に帰ると靴下をまず脱ぐ
真冬も裸足でいる。冷え性の女性が多いので、とてもびっくりされる。

ADHDの人がそうらしいが靴下にイライラする人が多いのだそう。
たまに、赤ちゃんがロンパースに入っているのを観て
かわいそうだなって思う。私だったら発狂しそうに思う。
でも、甥っ子が赤ちゃんの時に何をしても泣き止まなくて
育児書に書いてあった「おくるみでぐるぐる巻きにすると赤ちゃんは安心して泣き止む」というのを読み、
恐る恐るぐるぐる巻きにしてみたところ
確かに泣き止んでスヤスヤ眠った。
赤ちゃんではないけど、この安心感に私も見覚えがある。
幽体離脱の練習のしすぎで、離人症で自分が自分でないような感じがして辛かった時に
敷布団で自分を海苔巻きのように巻いてもらい、さらに妹にのっかてもらったり
腕を押し入れの布団の間に入れて安心したりしていた。
赤ちゃんは、自分がまだなんだかわからない。
一応、産道を通った時に皮膚という輪郭を擦り、押しつぶされて自分のキワを知ったけどそれは一瞬で
あとはまたお腹に入っていた時みたいに宇宙に広がってしまっていて
心もとないんだと思う。
だから抱っこされたりすると自分の境界がわかって安心するのだろう。
まさに牡羊座(自我感覚)の180度対向の天秤座(触感)の対比というか相互関係に思う。
なので、もしかしたら、こんなの入れられちゃったら閉じ込められた感じで発狂しそうだなと戦々恐々に見ていたロンパースに入れられた赤ちゃんもそういう効果があるのかもしれない。安心しているのかも。
私は、すでに重たい水を吸った布団に入れられてしまった閉じ込められてしまったこの窮屈さが先に立ってしまっていて、この上さらにロンパースに入れられちゃったらやだなって思っていたのだけど誤解だったのかもしれない。

そんなこんなで、ロンパースに恐ろしさを感じていたように私は靴下が嫌いなのだ。
それはやっぱり第一〜第三チャクラが弱いのと似ていると思ってる
足こそは透明で広がりきっていて、浮いたままでいたいんだと思う。

靴下が夢に出てきたことはない。

ーーーーーーーーーーーーー
綺麗にまとめようと思わないで、とにかく吐き出している。
ブログで仕事につなげようとか人と繋がろうとかいった社会性を無視している。
気力がなくなってから読書量が落ちてしまった。
本を読んだり何かを考察したりという力が減ったように思う。
アウトプットすることで、その力が戻るのではないかと思って書いている。
夢の研究は強烈なので、現実世界に影響が大きい、
すでに心身調子崩しているので、夢に取り組むには自分なりにセーフティネットが必要と思いアウトプットをして隙間を作ってる、
断捨離のようなものかもしれない、出せば入ってくる。
入ってくるのが明らかなので、受け取るスペースを作っとかないとおかしくなるという感じだ。

恒星パランで、生まれた時間がはっきりしている人だけ有効にリーディングできる箇所Stars at Natal Horizon or Meridianがある。そしてそれは生まれた時間がはっきりしていても出てくる人と出てこない人がいる、出生時間が1時間ずれているだけで消えてしまうのだ。
私はそこに恒星ムルジムとアルデバランがある。
これは個人の現実的な現象や特質、肉体に宿っているものへの影響だそうだけど。
私は独り言やモノローグが多いので、いざブログなどを書くと
長文になってしまう。メールなども長文になってしまう
これは、ムルジムのせいだと思う。
ムルジムは犬系(シリウスプロキオンとムルジム)

母に先日「私って熱い?熱いって言われるんだけど」と聞いたら
「熱くないけど、たまにオタク的に、早口で長々と喋っている時があってそれが一見、他人から見ると熱く感じるのかもね」と言われた。
確かに、私は好きなものだけに熱いというか。
熱いというより常に考え続けているからいくらでも語れてあれこれ思いつき、だから結果として熱く見えるのかもしれない。
そんなの誰でもそうだと思うけれども。
私は今までずっと冷めた人間だと言われてきた。

異常に涙もろいので、そのギャップがおかしいと言われる。
というか、人から見た私というのを聞いて見ても
冷たいと言われたり熱いと言われたり
ぼーっとしていると言われたり、キビキビしていると言われたり
引っ込み思案と言われたり大胆だと言われたりと
一貫性がまるでないのである。
私も未だに自分で自分がわからない。